読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画道を極める一直線女子の裏話

愛子による「映画道を極める一直線女子」の裏話ブログです。こぼれ話や感想などを書いていきます。

あのフジテレビ。映画チャンネルで長年の悪行の可能性が浮き上がる。そこにまさかの大スターが初降臨!?の裏話

裏話(時代劇映画) 衛星劇場 東映チャンネル チャンネルNECO 伏見扇太郎 東千代之介 フジテレビ 石原裕次郎 小林旭

 

映画道を極める一直線女子 あのフジテレビ。映画チャンネルで長年の悪行の可能性が浮き上がる。そこにまさかの大スターが初降臨!?を公開しました。

 

伏見扇太郎から東千代之介、フジテレビの映画チャンネルなどのことを今回は取り上げて見ましたが、個人的に衛星劇場というチャンネルを一番評価しています。

 

衛星劇場
松竹のチャンネルですが、松竹映画を中心に、日活、東宝、新東宝大映、独立系など戦前の作品を多く放送してくれるところを一番に評価しています。放送作品が多い順は松竹、東宝大映の順という印象です。加入料は高めですが、映画ファンには満足できるところがあります。レアな作品を月に数本、また、貴重なサイレント映画を放送してくれるところを高く評価しています。

 

東映チャンネル
東映チャンネルは時代劇好きにはたまらないチャンネルです。愛子も映画やテレビの時代劇、任侠や刑事ドラマ、アニメも好きです。時代劇映画の戦後のトップは大衆的人気も突き抜けて東映でした。戦後の映画の黄金期に主演の大スターが一番多くいたのが東映だからです。また、戦前のスターが脇役で数多く出演しているところも東映の時代劇であり、名優、端役まで有名な俳優が存在、脇役の質や幅も戦後は東映がトップでした。映画スターや俳優で楽しむ時代劇映画や映画が東映でした。多くのコンテンツに優れた東映の作品が楽しめます。

 

チャンネルNECO
チャンネルNECOは、日活のチャンネルですが、石原裕次郎小林旭などの戦後の主力俳優が中心であり、放送されている映画は、バリエーションにかける部分があります。他にもそれなりなスターが存在していましたが、放送作品の基本は戦後作のみという問題点がみられます。戦前の日活作品をもっと放送していただきたいものです。戦前の日活は時代劇が中心でしたが、現代劇にも数多くの作品がありました。

 

ドラマブログも平行して書いていますが、現在は映画と関連して、東映関連になっちゃっています。↓

ドラのいつどこでも ドラマ思想展開