読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画道を極める一直線女子の裏話

愛子による「映画道を極める一直線女子」の裏話ブログです。こぼれ話や感想などを書いていきます。

「映画スター・伏見扇太郎と活躍と転落と映画芸能の衰退の平行線に、月形龍之介と吉永小百合が緊急参戦」の裏話。「脅かした5名の映画スターたち」

裏話(時代劇映画) 伏見扇太郎 若山富三郎 黒川弥太郎 高田浩吉 坂東好太郎 近衛十四郎 高倉健 林長二郎 長谷川一夫 松竹時代劇 東映 月形龍之介 吉永小百合

映画道を極める一直線女子 映画スター・伏見扇太郎と活躍と転落と映画芸能の衰退の平行線に、月形龍之介と吉永小百合が緊急参戦の記事を更新しました。

 

今回も前回に引き続き、伏見扇太郎について取り上げてみました。月形龍之介吉永小百合も登場しました。歴代の上位と現在の現役上位、豪華な共演を果たしました。

 

彼の演技自体は素直な印象を受けますが、若さゆえに深みに欠ける部分もあり、大きな魅力を見つけることが困難だと個人的には感じています。

 

そんな伏見扇太郎を脅かした5つの影が存在していました。

 

東映は子供向けの路線の映画として伏見扇太郎を起用した部分が、のちの裏目へと導くことになっていきました。テレビの家庭への定着も大きいともいわれていますが、映画界自体の観客が減少の兆しが見えてきた1960年初頭は、長編作品の実積がほとんどない伏見扇太郎に主演の機会はなくなっていました。

 

東映は当時、多くの時代劇中心の映画スターたちが他社から移籍した激動期間でした。それも伏見扇太郎が主演から遠のいた原因の一つと考えられます。

 

f:id:t8ujinmht2kmj5822:20160728171637j:plain

1959~1960年に東映に移籍してきた5名の映画スターたち
・1959年に新東宝から若山富三郎大映から黒川弥太郎、
・1960年に松竹から高田浩吉、新東宝から坂東好太郎、松竹から近衛十四郎

 

坂東好太郎は、戦前の1930~1940年代の松竹時代劇を支えた主力の一人であり、林長二郎長谷川一夫)とは代表作などの差があるものの、人気を誇って高田浩吉のライバルといえる存在となりました。1960年に高田浩吉坂東好太郎の二人とも東映に仲良く移籍しています。坂東好太郎は戦後・大映、日活、新東宝東映と移籍を多く経験しています。

 

また、坂東好太郎は通算の主演作数が100作を上回る時代劇映画の大スターの1人、戦後はそのうち主演14作ほどですが、実積があるため、多くの作品における重要な役を任されていました。

 

坂東好太郎は、最近に亡くなられた高倉健よりも多くの映画に出演しています。トータルの出演数は210作以上です。それだけ、戦前と戦後を通して活躍したことも意味しています。

 

こちらでも映画俳優・月形龍之介が登場します。

ドラのいつどこでも ドラマ思想展開 映画出演500作の超・大名俳優と大岡越前の危険なカ・ン・ケ・イ