読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画道を極める一直線女子の裏話

愛子による「映画道を極める一直線女子」の裏話ブログです。こぼれ話や感想などを書いていきます。

嵐寛寿郎の苦戦と時代劇3大スター、追い詰める若山富三郎、東千代之介が逃げ切った

映画道を極める一直線女子 三船敏郎の渥美清を余裕で上回る世界記録を持つ映画スターが持つ「暗号ナンバー3」の意味を公開しました。多少は過激なタイトルですが、どうかご容赦ください。


前回に引き続き、もう少し深く取り上げていきたいと思います。

 

東千代之介 95作ほど
ーーーーーーーーーー
嵐寛寿郎 90作強
若山富三郎 90作弱
石原裕次郎 85作ほど
三船敏郎 80作ほど 
大川橋蔵 80作弱
ーーーーーーーーーー
渥美清 70作強
菅原文太 65作ほど
宍戸錠 50作強
仲代達矢 40作強


嵐寛寿郎は戦前に時代劇を形成した”時代劇6大スター”にも数えられる日本歴代上位の映画の大スターですが、戦後よりは戦前の方が活躍しました。戦後は主演としては伸び悩み、新東宝の「明治天皇シリーズ」以外の新しいシリーズや大きな単発の代表作にも恵まれませんでした。

 

片岡千恵蔵市川右太衛門長谷川一夫は戦前と戦後の両方で時代劇映画で主演が100作を越す””戦前と戦後における時代劇3大スター””でもあり、大レジェンドです。

 

主演数的にも片岡千恵蔵の戦後、約150、市川右太衛門長谷川一夫らの120作近くよりも大きく劣り、90作強に留まっています。それでも、三船敏郎渥美清を余裕で凌駕しています。

 

実は以外だと思われる人もいると思いますが、若山富三郎石原裕次郎三船敏郎渥美清などを上回っており、かなり映画主演数が多いことがわかります。若山富三郎は、デビュー時の新東宝時代は時代劇スターとして活躍し、東映時代は時代劇と現代劇の両方で多くのシリーズ作にも恵まれています。

 

この若山富三郎の主演数の”90作弱”の大きな伸びにも関与しています。その後、集大成のように「子連れ狼シリーズ」の誕生につながります。

 

こちらからも飛べます。↓↓

映画道を極める一直線女子