読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画道を極める一直線女子の裏話

愛子による「映画道を極める一直線女子」の裏話ブログです。こぼれ話や感想などを書いていきます。

裏の「8名の主演100本俳優の大作映画と年間観客動員10億人の超立役者」

血闘水滸伝 怒濤の対決 玉木潤一郎 製作者 企画者 市川右太衛門 松浦築枝 片岡千恵蔵 足立伶二郎 佐々木康 松田定次 殺陣師 8名の主演100本俳優

 

映画道を極める一直線女子 8名の主演100本俳優の大作映画と年間観客動員10億人の超立役者を公開しました。

 

マスコミがあまり取り上げることがない、製作者の企画者に関して取り上げることも映画界のためには必要なことだと思い、地味ながらできるだけ華やかな内容が実現できるように努力している次第です。

 

<8名の主演100本俳優の大作映画と年間観客動員10億人の超立役者の大まかな内容>

 

主演映画世界の歴代でベスト3に輝く、世界的映画スター・市川右太衛門、女優では世界歴代数名の映画300作出演に到達した名女優・松浦築枝、おなじみの歴代ナンバーワン映画スターであり、代表作数歴代トップ&主演300作俳優・片岡千恵蔵

 

戦前と戦後の100作以上の映画を通して、数十名のスターと共に活躍した歴代ナンバーワン殺陣師・足立伶二郎、世界的記録を所持する東映ナンバー2の監督とも言われた巨匠・佐々木康や松田定次なども登場。8名の主演100本俳優に関しても取り上げています。

 

 

<俳優や監督以外である定めと映画>

 

映画は表上は根本的に監督や俳優の物なのであり、特に俳優でお客さんを呼ぶ込むのは基本的なことです。それはわかりやすい部分であり、致し方ないことでもあると考えています。

 

ですが、映画は監督と俳優だけでは実現しません。さまざまな専門分野の業種が集結して、チームワークが求められる娯楽作品であり、芸術作品であることを製作者・玉木潤一郎という人物を通して、伝えられたら幸いです。

 

日本映画の特徴でもあるチームワークが集結した作品の一つが今回取り上げている「血闘水滸伝 怒濤の対決」にも現れているかと感じます。

 

 

<玉木潤一郎が企画を通して、作品で何を伝えようとしたのか>

 

玉木潤一郎が企画を通して、作品で何を伝えようとしたのか、現代劇はそれほど演技にこだわることはありませんが、時代劇であるため、やはり俳優の演技や配役のバランスなど細かい部分は重要な要素です。

 

元俳優としても活躍した経験がある玉木潤一郎だからこそ、企画者として、他の人物には困難なほどに、俳優へのこだわりがあったものと感じられます。俳優を見せることに気遣った工夫の数々を見つけることも面白さです。

 

下のブログで公開中

映画道を極める一直線女子

 

ドラマの裏通りも映画と関連しています。

「ウルトラマン」や「仮面ライダー」、「ゴジラ」のシリーズ路線確立と嵐寛寿郎 - ドラのいつどこでも ドラマ思想展開の裏通り

隠された真実へ

赤塚不二夫や「おそ松くん」、「おそ松さん」、大河ドラマにも多大な影響の片岡千恵蔵 - ドラのいつどこでも ドラマ思想展開の裏通り