読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画道を極める一直線女子の裏話

愛子による「映画道を極める一直線女子」の裏話ブログです。こぼれ話や感想などを書いていきます。

「マスコミが放置し続ける”マキノ省三賞の大物映画製作者”、歴代の大人物たちとの軌跡と奇跡」の裏は文化勲章?!

文化勲章 仲代達矢 月形龍之介 歌舞伎 芸能 マキノ省三 三池崇史 木村拓哉

映画道を極める一直線女子 マスコミが放置し続ける”マキノ省三賞の大物映画製作者”、歴代の大人物たちとの軌跡と奇跡を更新しました。

 

マキノ省三という大人物の業績を新たに今後の未来を見据えています。木村拓哉三池崇史とのコンビで時代劇映画を2017年に公開するようですね。過去の海外で知られている日本の監督をヘンにリスペクトするのはやめてほしいところです。

 

仲代達矢月形龍之介の形成した土壌で活動してきた現実>

仲代達矢月形龍之介の影響を大きく受けています。仲代達矢月形龍之介が戦前から形成した主演と助演で活動する土壌を引き継いだ俳優の一人に過ぎません。両者とも主演と助演で活躍した俳優です。多くの主演と助演で長年で活躍した俳優の最初が月形龍之介だからです。ここも似ている点です。大きく違うのは出演作と代表作の数です。圧倒的に月形龍之介のほうが上です。

 

 

・主な出演数
仲代達矢 出演150作ほど、主演50作、助演100作
月形龍之介 出演500作以上、主演110作、助演390作

・主な代表作数
仲代達矢 主演20作ほど、助演10作ほど 通産30作
月形龍之介 主演50作以上、助演190作以上 通産240作

 

月形龍之介の登場リンク

↓ ↓

ドラのいつどこでも ドラマ思想展開 映画出演500作の超・大名俳優と大岡越前の危険なカ・ン・ケ・イ

 

ドラのいつどこでも ドラマ思想展開 名作テレビ時代劇「大岡越前」の形成に関与・世界映画界の大レジェンドとなった主演300作俳優と月形龍之介

 

映画道を極める一直線女子 映画スター・伏見扇太郎と活躍と転落と映画芸能の衰退の平行線に、月形龍之介と吉永小百合が緊急参戦

 

仲代達矢文化勲章を与えておいて、その地盤を形成した本当の功労者を放置、月形龍之介がなしということは考えられないことです。存命の人物のみが対象だとしたら、ちゃんと活躍した人物を評価することができなくなるのも文化勲章の大問題です。

 

<日本という国の文化勲章に関する都合のよい方向転換>

日本という国は2000年くらいまでは歌舞伎などの伝統系の俳優のほかに文化勲章を与えることを拒絶してきました。ですが、2000年くらいから都合のよい方向転換を行って、伝統以外の芸能関連の俳優にも文化勲章を与え始めています。これがさらに狂わせました。個人的にはそのように考えています。

 

この方向転換を解消するためにはこれまで与える機会にさえ恵まれなかった俳優たちも対象にしなければ不公平です。この国は変にプライドが高く困るところですが、欠点を認めるべきです。文化勲章の対象の方向転換は、これからでも出てきやすいそこそこレベルの俳優を過大評価して、歴代上位の先人をないがしろにすることを意味し、ありえない不公平を生み出しています。

 

文化勲章に関するこの問題は長く取り上げられていくでしょう。